予防歯科

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは

当院の歯科治療は「予防歯科」に力を入れています。予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、そもそも虫歯や歯周病にならないよう予防を重視する考え方です。高齢化社会の中、いつまでも自分の歯で食べられることは老後の生活の質(QOL)に大きく関わってきます。「80歳で20本以上自分の歯を残そう」という8020運動を実現するには、予防歯科が非常に重要なのです。
当院の予防歯科ではPMTCや唾液検査(サリバテスト)を通して、患者様の大切な歯を健康に保ちます。

PMTCとは

予防歯科とは

予防歯科の軸となるPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科で受けられる専門的な歯のクリーニングです。毎日丁寧に歯磨きを行っていても、どうしても手では除去しきれない汚れが蓄積してしまいます。PTMCは専門の機器を使って歯石や歯垢などを取り除き、虫歯や歯周病を予防します。一般的な歯石除去方法であるスケーリングよりもさらにクリーニング効果が高く、歯周病の原因となるバイオフィルム(細菌のかたまり)を除去することができます。

当院のPMTCでは専用機器と専用ペーストを使い、ブラシやラバーチップなどで歯の着色汚れや歯石などを清掃除去しながら歯を研磨していきます。PTMC1回にかかる時間は約30~60分程度、クリーニングの効果は数ヶ月続きますが、できれば3~6ヶ月に1度くらいの頻度で定期的に受けておくとクリーニングの効果を持続させることができます。

唾液検査(サリバテスト)

唾液検査(サリバテスト)

当院では唾液検査も行っております。患者様から採取した唾液を検査することで虫歯や歯周病のリスクを調べることができます。一人ひとりの口腔内の状態を把握し、それぞれに合わせた予防方法を考えていきます。

唾液検査を行うことで以下のことを調べることができます。

唾液の分泌量

唾液の分泌量を測ることで、口腔内を清潔に保つ力(自浄作用)、細菌の増殖を抑える抗菌力がどの程度あるかを調べることができます。

唾液の緩衝能

唾液は酸性になった口の中の状態を中和することで、虫歯を防いでくれる力(緩衝能)があります。唾液の中和力を調べることで、虫歯のなりやすさを把握します。

虫歯の原因細菌の量

虫歯の原因細菌の「ミュータンス菌」や「ラクトバチラス菌」の数がわかります。これらの菌が多いほど虫歯のリスクが高いので、適切な予防を行うことが必要になります。

唾液検査でさまざまな要素を把握することで、それぞれの患者様の状態に合わせた予防対策を行っております。

毎日のセルフケアを正しい方法で

毎日のセルフケアを正しい方法で

予防歯科の2つ目の柱が自宅で行うセルフケアです。歯科でプロの手によるケアを定期的に受けることに加えて、歯に対する意識を高く持ち、ご自身でも自宅でオーラルケアをすることが虫歯や歯周病を未然に防ぎます。
当院では正しい歯磨きの仕方や自宅でもできるケアの方法を丁寧にお伝えしているので、普段のケアをより効果的に行っていただくことができます。

ページトップ

© One's FAMILY Dental clinic